活用事例

新しい食品企画の手順

1.加熱して美味しくなるメニューを企画する

  • 手軽に入手できる食材を活用する
  • お店や地域の名産・名産品
  • 以前からよく食べられてきた高級な食品
  • 手数をかけるので一定以上の価格と評価される商品

2.120℃で15分以上加熱しても、美味しいことを確認する

  • ミニレトルト釜で試作する前に、120℃になる圧力なべなどで試作してみる

具体的な活用事例

(株)U社ホルモン煮込み
(株)H社ビーフシチュー
(株)S社のカレーのレトルトパック
 
食品会社SS社で、真空パックだった味付き豚肉ブロックのレトルトパック化
H菓子店で食材の美味しさを引き出すため糖度を下げ水ようかんのレトルトパック化
農場でトマトビューレの加熱殺菌によるレトルトパック化 常温で長期の保存流通
農場で、出荷できないトウモロコシの輪切りレトルトパックを開発
K社で出荷できない果物類を活かした、砂糖を減らしたジャムの瓶詰づくり
キッチンべにばな社で地域名産物の「冷たい肉そば」を肉入りタレの缶詰を開発し乾麺を組み合わせて、お土産セットとして製造、大好評で販売中
M社で殻つき落花生のレトルトパックを開発
地域産の孟宗竹の缶詰を製造販売
A作業所でカレーとシチューの缶詰を開発して販売
かつてなかった面白い缶詰づくり
ドライパック缶詰づくりのおすすめ
(ミニレトルト釜とバキュームタイプミニシーマを使用して)

乾燥状態の缶詰が作れる

従来の缶詰では、固形物とともに加えられている液体が自然対流で加熱され、固形物は液体からの熱や、熱伝導で加熱されます。
 ドライパック缶詰では、内部の空間を高度の真空にすることにより、分量を調整された少量の水分が加熱により蒸気となって空間を満たし、固形物に熱を伝え加熱殺菌します。

ドライパック缶詰の事例(いずれも乾燥状態)

煮アワビの缶詰 煮だこの缶詰 干しホタテ貝柱の柔らか缶詰 丹波黒豆の甘くない缶詰
大豆の柔らか煎り豆 塩ゆで落花生の缶詰 焼き鳥の缶詰 ホヤのオイル漬け缶詰
ビフテキの缶詰 パンの缶詰